発泡スチロール(EPS)とは

包装資材・機器の総合商社タニムラ株式会社
ページ番号・・・MD019
会社案内お問い合わせプレスリリースメーカーリンクカタログ商品索引タニムラ株式会社・タニムラ(株)
トップページ用語解説メモ≫発泡スチロールとは
 発泡スチロール(EPS)とは、全体の約98%が空気でできているポリスチレンです。
電気製品などを購入したときに緩衝材として頻繁に使用されています。
発泡スチロールの原料は全体の約2%しかないため、大きさの割には省資源材料です。
しかし発泡スチロールは、割ったり、爪で表面を擦るとすぐにクズが出てしまいます。
そのため、割れにくくしかもクズが出にくい「発泡ポリエチレン」が使用されるケースがあります。
 
 
 

衝撃検知ラベル・ショックウオッチラベル | 紙管のないストレッチフィルム | 黒色プチプチ・カラーエアーキャップ・エアーパック
両側テープ付き養生保護マスキングシート | プチプチ・エアーキャップ・エアーパックの少量別注加工
平当て布団・床面養生保護マット・引越カバー | 表面保護・包装梱包養生エンボスクラフト紙 | 自動ポリ袋装着機ポリサーター
チャック付きプチプチ袋・ジップ付きエアーパック | 荷崩れ転倒時刻の検知器 | 自動ポリ袋口閉じシール機ポリクローザー
エアー緩衝材 | エアーパック | エアーパッキン | エアークッション | キルティング | ダンプラ・プラ段 | 発泡スチロールEPS
プチプチ


copylight (c) 2005 tanimura corp. All rights reserved.