難燃性・静電気帯電防止の両面マジック結束テープで、静電気対策が必要な電子部品などの結束・仮止めが可能。

包装資材・機器の総合商社タニムラ株式会社
ページ番号・・・M113
会社案内お問い合わせプレスリリースメーカーリンクカタログ商品索引タニムラ株式会社・タニムラ(株)
トップページ帯電防止用品≫帯電防止両面マジック結束テープ(難燃性マジック結束ベルト)
ESD静電気帯電防止・静電気対策用品 カタログ(PDF形式ファイル 290KB)
難燃性 帯電防止 両面マジック結束テープ MK-AMT
(静電気を低減する難燃性結束ベルト)
購入、販売方法・ご質問
特  徴
■両面ファスナー仕様のため簡単に結束できます。
■カーボン繊維を使用しており静電気対策に最適です。
■難燃性材料を使用しているため配線等にも使用可能。
■柔軟な素材のため結束物を痛めません。
■取付け・取外しが容易で剥離時の静電気を抑えます。
用  途
●静電気対策が必要な場所での結束/仮止めに。
●電気配線など難燃性を必要とする部分への結束に。
●生産ライン上で、部品や製品を3色で分類できます。
●剥がした時に発生する静電気を防止したい時。
鉄道車両用材料燃焼性試験」にて「難燃性」の評価
静電気帯電防止マジックテープです。電子部品などの静電気対策が必要な工程での使用が可能です。
難燃性 帯電防止マジック結束テープ MK-AMT
●カーボン樹脂を使用しているため静電気の帯電を防止します。
●難燃性樹脂を採用。電気配線などの発火のおそれのある箇所に使用可能です。
規格サイズ:21o×10m巻 (3.5o厚)
基板や電子部品を扱うエリアでは静電気対策が施されていない一般資材は持ち込みません。
静電気対策が必要な結束や仮止め作業時には、「帯電防止 難燃性マジック結束テープ」を使用します。
本製品はカーボン繊維を使用しているため、結束時はもちろん剥がす時に発生する静電気をも抑えます。
さらに難燃性樹脂を採用しているため、電気配線など発火のおそれがある箇所を結束する事が可能です。
本製品は緑・赤・黄の3色から選択ができ、用途に応じての色分けが可能です。
鉄道車両用材料燃焼性試験」にて「難燃性」の評価を得ています。
試験データ ・ 写真
1.「両面マジック結束テープ」の詳細写真
難燃性の静電気帯電防止結束ベルト(両面マジックテープ)の表面写真です。電子部品などの静電気対策が必要な工程での使用が可能です。 難燃性の静電気帯電防止結束ベルト(両面マジックテープ)の裏面写真です。電子部品などの静電気対策が必要な工程での使用が可能です。
表面(♀面) 裏面(♂面)
ナイロン繊維とカーボン繊維で覆われています。
剥離時の帯電防止効果を発揮します。
ポリウレタンや難燃剤を配合した無数の小さなフック。
ベルト裏面の繊維に引掛かり、固定します。
2.マジック結束テープの使用方法
静電気帯電防止マジックテープの取り付け方法です。まずは必要な長さにカットします。電子部品などの静電気対策が必要な工程での使用が可能なマジック結束テープです。 静電気帯電防止マジックテープの取り付け方法です。次に結束物を巻きます。電子部品などの静電気対策が必要な工程での使用が可能なマジック結束テープです。 静電気帯電防止 難燃性マジックテープの取り付け方法です。余った部分を巻き付けると張り付きます。電子部品などの静電気対策が必要な工程での使用が可能なマジック結束テープです。
1.必要な長さにカット。 2.結束物を巻きます。 3.貼り付けます。
3.製品規格 および 試験データ
製品規格
規格寸法 21o×10m巻
厚 さ 3.5o
カラー 緑 ・赤 ・ 黄
結束方法 巻き付け
項 目 数 値
材 質 繊 維 ナイロン樹脂
カーボン樹脂
バッキング ポリウレタン
チオ尿素系難燃剤
危険・有害性 有害性 ないと考えられる
危険性
環境影響
鉄道車両用材料燃焼性試験 難燃性

導電性クラフト紙・導電紙・帯電防止黒色用紙 | コードレス静電気除去リストバンド・アース無し除電ストラップ
スマホ用軍手・静電容量式タッチパネル手袋 | 完全導電性銅箔テープ・通電アルミテープ | 完全導電性耐熱アルミテープ
完全導電性両面テープ・通電する両面テープ | クリーンルーム帯電防止PPバンド結束 | 帯電防止両面マジックテープ・難燃性

静電気除去布ワイパー・除電クロスウエス

導電紙・帯電防止用紙・導電クリーンペーパー| 静電気帯電防止手袋・コードレスリストバンド・スマホ軍手
帯電防止PPバンド・両面帯電防止マジックテープ難燃性 | 静電気帯電防止・導電性PET透明テープ・通電銅箔アルミテープ
EPA静電気放電保護区域 | ESD静電気放電 | コロナ放電 | 静電気帯電防止材料 | 導電性材料 | 剥離帯電


copylight (c) 2005 tanimura corp. All rights reserved.