クリーンルーム用コロコロ転がすローラー・無塵クリーニング粘着ローラー・粘着ゴムローラー・シリコンゴムローラー

タニムラ株式会社

製品に関するお問い合わせはこちら0742-506-506

  • ページ番号:M151

静電気対策・クッション性
クリーンルーム用 高機能粘着ローラー
電子部品・作業台・床面用 コロコロ転がすゴミ除去ローラー
購入方法

一般ゴミ取り用の「コロコロ転がす粘着ローラー」は紙製のため使用する度に大量の粉塵を発生します。
クリーンルーム環境で使用する際には下記のクリーンルーム専用製品を使用します。
これらの製品は粉塵の発生を抑えます。
また静電気の帯電防止製品もラインナップしています。


クリーン帯電防止フィルム粘着ローラー TW-ACR

クリーンルーム用コロコロローラー・日東電工エレップELEP AE-3500と同様に剥離帯電を防止したクリーンルーム用ゴミ取りコロコロ粘着ローラーのフィルム
静電気防止フィルム粘着ローラー
●摩擦や剥がす時に発生する静電気を抑えます。
●静電気の発生を防止する粘着剤を使用。
●フィルム+プラスチック芯は発塵しません。
●ESD静電気対策が必要なクリーニング工程に。

●帯電防止の粘着剤で作業中の帯電を防止。
●フィルムを剥がしたときの静電気を抑制。
●樹脂フィルムとプラ芯を使って紙粉が出ない。
●ミシン目が入っており手で切り離せます。
●白色なので、付着したゴミの確認が容易。
●表面抵抗値・・・109~10 [Ω]


製品の特徴
写真クリックで詳細ページ
クッションクリーニング粘着ローラー TW-CCR

クリーンルーム用コロコロローラーです。クッション性があるクリーニング掃除ローラー。
クッションフィルム粘着ローラー
●厚手のフィルムに凹凸加工を施しています。
●接触部分が大きいため、強力にクリーニング。
●フィルム+プラスチック芯は紙粉が出ない。
●床・テーブルや湾曲面にも最適です。

●クッション性のある粘着ゴミ取りローラー。
●エンボス加工のフィルムがクッションを発揮。
●接触面積が大きく、床やテーブルを強力清掃。
●樹脂フィルムとプラ芯なので発塵を抑えます。
●ミシン目が入っており手で切り離せます。
●白色なので、付着したゴミの確認が容易です。
※帯電防止ではありません。


製品の特徴
写真クリックで詳細ページ
シリコンフリー帯電防止ゴムローラー MK-EC

クリーンルーム用コロコロローラー・ESD静電気帯電防止の粘着ゴムクリーニングローラーです。
シリコン不使用の帯電防止ゴムローラー
●シリコン不使用の帯電防止ゴムローラー。
●合成ゴムがソフトにゴミや粉塵を除去します。
●ローラーは、専用パットで転がして清掃します。
●弱粘着なのでフィルムなどが巻き付きません。
●シリコン成分シロキサンの付着を防止します。

●静電気防止の粘着ゴムは、作業中の帯電を防止。
●シリコン不使用のゴムローラはシロキ酸を防止。
●柔らかい合成ゴムがソフトにゴミ粉塵を除去。
●持ち手にも導電性樹脂を採用し、帯電を防止。
●ローラーの清掃は転写シートで転がします。
●全ての機能を兼ね揃えた高機能ローラーです。
●表面抵抗値:10 [Ω] 耐熱温度:約90℃


製品の特徴

写真クリックで詳細ページ
耐熱シリコンゴムローラ MK-NBR

クリーンルーム用コロコロローラー・プリント基板やフィルムなどの粉塵を除塵するクリーニングローラー/シリコンゴムローラーです。コロコロローラーの様に使用します。
清掃用シリコンゴムローラー
●シリコンゴムローラーを使用しています。
●凸凹面や湾曲した曲面のクリーニングにも対応。
●耐熱温度は約180℃です。
●ローラーに付着したゴミは、専用パットに転写します
非粘着性のため、フィルムなどが巻き付きません。

●粘着剤不使用のゴムローラーで粉塵を吸着。
●柔らかいシリコンゴムが細かいゴミを除去。
●ローラーが汚れたら専用シートに転写。
●非粘着性なのでフィルムが巻き付きません。
●持ち手には導電性樹脂を採用しています。
耐熱温度・・・約180℃
※ローラーは帯電防止ではありません。


製品の特徴
写真クリックで詳細ページ
クリーニング装置用 長尺転写シート

クリーニング装置用クリーニング粘着テープローラー・ゴミ転写用シート・リジットクリーン
クリーニング機械用ゴミ吸着ローラー
●クリーニング装置のゴムローラーを清掃します。
●ゴムローラーと常に回転接触させます。
●標準・強粘着・超強粘着の3種類から選択。
●最大1600㎜幅まで製作可能です。
●長尺の粘着シートとしても使えます。

●クリーニング装置のゴムローラー清掃用。
●プラスチックの芯は紙粉が発生しません。
●白色シートなので汚れの確認が容易。
●電子基板やフィルムなどの清掃装置に。


■クリーニング装置の仕組み
①シリコンローラーで挟んで対象物のゴミを吸着。
②回転接触している本製品に吸着したゴミが転写。
③本製品が汚れた場合は、フィルムを剥がします。
写真クリックで詳細ページ